「パウエル国務長官のことば」

■今月のことば 

「パウエル国務長官のことば」

─────────────────────────────  
全ての人は危険地域に入るリスクを理解しなければなりません。しかし、危険地域 に入るリスクを誰も引き受けなくなれば、世界は前に進まなくなってしまう。彼らは 自ら危険を引き受けているのです。ですから、私は日本の国民が進んで、良い目的の ために身を呈したことをうれしく思います。日本人は自ら行動した国民がいることを 誇りに思うべきです。また、イラクに自衛隊を派遣したことも誇りに思うべきです。 彼らは自ら危険を引き受けているのです。たとえ彼らが危険を冒したために人質に なっても、それを責めてよいわけではありません。私たちには安全回復のため、全力 を尽くし、それに深い配慮を払う義務があるのです。彼らは私たちの友人であり、隣 人であり、仲間なのです。 出典:http://nako.cocolog-nifty.com/nakolog/2004/04/post_26.html