「三笠宮発言の後日談」

■投稿

「三笠宮発言の後日談」             調布市 今井正敏

 メールマガジン『オルタ』の創刊を心からお祝い申し上げます。  それにしても三笠宮殿下と鈴木委員長の発言の全文、よく探し出されました ですね。この全文を掲載されただけでも『オルタ』創刊号の意義が大いにあっ たと思われます。  実は三笠宮のこの発言を、栃木県2区選出の、当時社会党左派の代議士だった 山田長司氏が衆議院予算委員会での質疑の中で取り上げ、「宮様でさえこのよ うに申されておられる」ということで、再軍備反対の論旨を述べ、論陣を張っ たのでした。

 山田代議士は又、栃木県連合青年団の定期大会での来賓祝辞で三笠宮発言を 取り上げ、「青年は武装して海外に出てはならない」と訴えた。この事実をみ ても三笠宮発言の衝撃がいかに大きかったかが分かります。 当時の宮内府がびっくりして殿下に対し、「政治的な発言はつつしまれるよ うに」と申し上げたため、以後、三笠宮殿下はこの種の発言に口をつぐみ、 もっぱらオリエント関係の研究に没頭されるようになられたという話が伝わっ ております。 『オルタ』の発行、本当に大変なことと思われますが、どうか現下の日本の状 況を眺めるとき、この『オルタ』の意図するところは非常に大事なことと思わ れますので、ご健闘を切に期待しております。 末尾になりましたが、小生もクラブ同人の末尾に加えさせていただきたいと存 じますので、よろしくお願いいたします。