俳句10

■俳句;   

────────────────────────────
────────────────────────────
□ 富田 昌宏  
─────────────────────────────
足るも足る齢となりぬふかし藷
左右の脳空っぽにして日向ぼこ  
不満なし悔なし柚子湯溢れしむ  
委任状多き返信冴え返る  
落葉載せ太平洋を目指す川  
愚痴一つ二つこぼしておでん酒  
激論に割って入りたり温め酒  
酒倉の大蜂の巣や小六月  
─────────────────────────────
□ 太田 澪々子(博夫)  
─────────────────────────────
〔近 詠〕  
米寿なほ立志の誓い松の芯  
米寿にして揃うわが歯や田螺和え  
石を投げ闘いし日の血のメーデー  
「歯には歯を」なくせ憲法記念の日  
池に浮かぶ睡蓮平和な地図を画く  
「イラク戦やめろ」と苺噛みつぶす  
どくだみや主婦なき家の十字の灯  
青春は未完成交響楽麦の秋  
草いきれ兵たりし日の匍匐行  
曇天に微動だにせず風見鶏  
蔦からむ音楽堂の蝉しぐれ  
秋観音千手はいらぬ筆一本  
昭和史読む青春惜なし吾亦紅  
善人なほ悪人も往生曼珠沙華  
惜命のなき自爆テロ蛇穴に  
秋風や「死んでもいい」とうそを言う  
ふくろうや漢(おとこ)は弱音吐くことも  
冬の蜂止まりしはわれあばら骨  
〔中越地震二句〕  
余震続く丸く伏す児の雪催い  
活断層鎮めやさしく大根引く  
木犀の金銀あれば足る暮らし