俳句102

■俳句  富田 昌宏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 &

  地下足袋で縁にごろ寝や麦の秋

  農に生くることの幸せ合歓(ねむ)の花

  風呂洗ふ男やもめに夏きたる

  ポケットも心の中も梅雨入りかな

  黒南風(ばえ)や体の箍(たが)を締め直し

  黒南風や生きる証し(あかし)の爪をきる

  黒南風や筑波二峯の雲がくれ

  妻の忌や紫蘭細見の明るさに

  紺浴衣着れば五体の螺子(ねじ)ゆるむ

  月光を紡ぎレースや烏瓜

              (俳句結社「渋柿」代表同人)
; 目次へ