俳句110

■俳句                    富田 昌宏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  立春や割る鶏卵に黄身二つ

  啓蟄や土工顔出すマンホール

  薄氷(うすらい)や池の真芯に弁財天

  薄氷と共に溶けゆく小さき嘘

  わが畑は野菜歳時記春動く

  空の雫こぼしていぬふぐり

  春暖や飛石はみな笑窪(えくぼ)持ち

  春愁や紙を吐き出す血圧計

  鳥雲に埴輪はかざす手を持たず

  (わが家の一風景)築百年の白き蔵あり寒椿

         (月刊俳誌「渋柿」代表同人)

==============================================================================
最新号トップ掲載号トップ直前のページへ戻るページのトップ>バックナンバー執筆者一覧