俳句112

■俳句        富田 昌宏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  一票の格差違憲や春嵐

  農といふ一字の重み風光る

  独酌のコップに溺る春蚊かな

  失言を重ねしごとく椿落つ

  初蝶の憩ふ鼻欠け地蔵かな

  羅漢より貰いし欠伸山笑ふ

  幸来福に響く舟唄春の川

  舟唄や巴波(うずま)川畔の猫柳

  春愁や書籍より落つ古手紙

  巡り来る妻の忌つつじ濃く咲けり

         (月刊俳誌「渋柿」代表同人)
==============================================================================
最新号トップ掲載号トップ直前のページへ戻るページのトップ>バックナンバー執筆者一覧