俳句14

■俳句 富田 昌弘

──────────────────────────
   指で拭く書架の春塵放浪記

   石投げて水の温みを促せり

   百の樹に百の芽吹きの遅速あり

   種芋のどれも頼しき面構へ

   「釣れますか」「さっぱりですよ」山笑ふ

   初花やつるりとむいて茹卵

   小銭ばかり溜まる財布や四月馬鹿

   四月馬鹿家出の猫の顔写真