俳句16

■俳句; 富田 昌弘

─────────────────────────────── 
早苗田の一株づつの微風かな

玉苗や殺虫剤を根に抱きて

玉苗の根づく水田に源五郎

植田はや白鷺一家羽休む

筑波嶺の裾より生れし青田風

栃の花千を灯せり県庁舎(栃木県庁前)

麦の穂の芒(のぎ)に微塵の朝日かな

廃線の砂利に錆浮く薄暑かな