俳句21

■俳句            富田 昌宏

────────────────────────────────────
   蓑虫の濁世を覗くつぶらの目
   秋灯や伊東整訳初版本
   余命ふと葉裏に眠る秋の蝶
   ひもじさに耐へし日々あり甘藷の秋
   ビザ切れしごとくに燕帰りけり
   長き夜や覚めて一字を推敲す
   残り蚊に気をゆるしたる酒の酔
   ひぐらしの声を滴(たら)しつ飲む紅茶