俳句24

■俳句                 富田 昌宏

───────────────────────────────────
 稲済んで理髪の椅子にうたた寝す
  
 唐辛子吊って父母居る景色

 熱燗を交し愚痴には逆はず

 吹き溜まる落葉の嵩や離村の碑

 この畑を継ぐべき子なく笹子鳴く

 憲法9条守り育み本守柿

 焚火の輪みな縄文の顔となる

                                              目次へ