俳句33

■俳句                 富田 昌宏

───────────────────────────────────

  終戦忌あの日のモンペめくら縞

  南瓜煮る戦火の昭和生き抜いて

  敗戦忌軍国少女七十路に

  柿の渋残る歯裏や核疑惑

  蜩や帰心かきたて昏るヽ杜

  堰を越す水のすだれや月見草

  脱稿の眼鏡拭へり秋灯シ

  深秋や母の頬杖弥勒めく