俳句55

■俳句                         富田 昌宏

───────────────────────────────────
方程式なき人生や夏嵐

手抜きすることも生き方木下闇

身構へて生くるは苦し蟇

憂きことを一つ捨てけり更衣

◇ (栃木女子刑務所)
  遠景に女子刑務所や麦の秋

若竹の風通ひ来る京の膳

星座まだ揃はず一番蛍飛ぶ

父の忌のまた近づきて田水沸く

◇(妻逝く二句)
亡き妻と語り明かさむ蛍の夜

吹く風に妻の寝息や竹落葉

                                                    目次へ