俳句58

■ 俳句                      富田 昌宏

───────────────────────────────────

◇「銀河濃し」◇

  新涼や乳房持たざる和紙人形

  再検査受けて安堵や白露の日

  竹林をぐるり見回る白露

  かけ違ふボタンまさぐるそぞろ寒

  銀河濃し礼節とみにうすれつつ

  精農の古着羽織りて案山子立つ

  地玉子の殻の硬さよ厄日晴

  流人めく夜やきれぎれにちちろ鳴く

  (円通寺)幕明けは津軽ジヨンガラ施餓鬼寺

  去年共に洗ひし墓に妻眠る

                  (俳句結社「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ