俳句59

■俳句                             富田 昌宏

───────────────────────────────────

縫目なき空の青さや稲の花

稲の香や生涯此の地捨てられず

職退いて野良人となる新酒かな

積み上げし本の崩るヽ残暑かな

掘井戸の蓋打つ音や桐一葉

桐一葉牛の瞳に嘘はなし

秋高し牧場の牛の背番号

紅は雨聴く色や萩の花

◇(妻新盆二句)◇
新盆やつとに増えたるひとり言

栗茹でヽ湯気もろともに妻の霊

           (俳句結社「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ