俳句61

■俳句                        富田 昌宏

───────────────────────────────────
美しき初東雲や紅筑波

新調の地下足袋軽し鍬始

生きるとは汚れることよ初日記

闇空へ火の鳥翔くるどんどかな

福藁や築百年の黒き梁(わが家の風景)

七草や母泰然と九十寿の座(母の思い出)

じぐざぐに生きて金婚なずな粥(去年の妻の思い出)

熱燗や昭和一桁泣き上戸

白菜に言葉をかけて括りけり

水仙や分厚くなりしわがカルテ

             (作者は俳句結社「渋柿」同人代表)

                                                    目次へ