俳句63

■俳句                     富田 昌宏

───────────────────────────────────
   蝋梅や白壁土蔵美術館(蔵の町栃木)

   梅東風(コチ)や耳欠け地蔵破れ衣

   辻地蔵肩に羽織りし春の雪

   禅寺の寝返りの間や春時雨(大中寺七不思議)

   このあたり昔花街春しぐれ

   春昼やガン検診の機器の中

   春の波鮭の背で割るたたみ波

   銀箔の牛の塑像(ソゾウ)や春の塵

   春浅し限界集落バス停所

   妻逝きて十月十日(とつきとうか)や二月昼

                                                    目次へ