俳句64

■俳句                        富田 昌宏

───────────────────────────────────
 沈丁や藻抜けの殻の納屋母屋

 沈丁や秘仏おろがむ開かずの間

 (丁氏戸籍)本籍は欅一本烏帰る

 職退きて農事の日々や葱坊主

 頑なに売らぬ畑や葱坊主

 税申告野焼きの煙まとひつヽ

 急患の待合室や春マスク

 脚細きワイングラスや春の宵

 日々燦々炎のごとき落椿

 新しき妻の塔婆や紅椿

       (作句者は俳誌「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ