俳句65

■俳句 「たらの芽吹く」             富田 昌宏                ───────────────────────────────────

 開帳の秘仏のごとくたらの芽吹く

 木の芽張るや吊橋揺する親子猿

 分教場閉鎖の沙汰や辛夷咲く

 繚乱と薄墨桜散る月夜

 地下足袋に触れて春筍香を放つ

 禅寺の池金色や竹の秋

 ふるさとの風に彩あり竹の秋

 畑中に建つアパートや葱坊主

 目刺焼くや農一筋に五十年

 世の隅に不器用に生き目刺焼く

                     (作者は俳句結社「渋柿」代表)

                                                    目次へ