俳句66

■俳句  「栃の木」              富田 昌宏

───────────────────────────────────

  初夏や馬刺頬張る狩人(またぎ)村

 トラクター出陣の譜や柿若葉

 外井戸の蓋斜(はす)かひや樫落葉 

 (栃木県庁舎)県庁屋上ミツバチの巣や栃の花

 秘め通す約束ごとや鉄線花

 集ひ来て母屋(おもや)ふくらむ子供の日

 田植機を御して一日中寡黙

 脚細きワイングラスや冷奴

(追憶)母の日や卆寿の母を車椅子

(妻の一周忌)一周忌済みて立夏の月の暈(かさ)

    (作者は俳句結社「渋柿」代表)

                                                    目次へ