俳句74

■ 俳句                 富田 昌宏

───────────────────────────────────
里山に陽の温もりや懸大根

日向ぼこ真綿のごとき睡魔かな

点滅の聖樹に不況まつはりぬ

蝋梅や泪の色を咲く朝夕

鉈に吹く浄めの酒や山始

畝に注ぐ栃の銘酒や鍬始め

傘寿なほ老いを拒めり年酒酌む

百姓に生きる矜持や破魔矢受く

CO2削減協議日脚伸ぶ

「坂の上の雲」読了や日脚伸ぶ

                (作者は渋柿代表同人)

                                                    目次へ