俳句78

■俳句                      富田 昌宏

───────────────────────────────────

金色の風生みつぐや麦の秋
麦の穂を活けて雑念絶ちにけり

尻叩く牛の尾っぽや麦は穂に

葉桜やまなかひにある傘寿の座

菖蒲湯に八十路の肩を沈めけり

下河岸は昔花街菖蒲の湯

トラクター洗う飛沫や柿若葉

里山の風総身に今年竹

竹咲くや生涯生家持たぬ人

新じやがを積んで客呼ぶ直売所

                     (俳句結社「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ