俳句82

■俳句                         富田 昌宏

───────────────────────────────────
  
   露蓬(よもぎ)活けて城師の忌なりけり(松根東洋城忌)

  地底よりマグマ噴きけり曼殊沙華

  赤紙に召されし命や曼殊沙華

  清秋や白粉を打ちて太刀手入れ

  秋澄むやビルの窓拭く命綱

  胸乳まで田に溺れつつ稗(ひえ)を抜く

  三分のドラマや稲の花受粉

  秋耕や地下足袋の裏叩きつつ

  手折り来し芒は山の風の彩(いろ)

  長き夜や順調という医師の嘘

           (俳句結社「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ