俳句85

俳句85

■俳句                             富田 昌宏

───────────────────────────────────

   謎秘めし古墳抱きて山眠る

  満天の星の重みや冬木立

  琵琶の音の触れて消えたり冬桜

  米の花や夕日が零す金の蕊

  さざれ石添へて孤高や実千両

  牛の瞳の生後三日や冬日向

  鉄塔の唸り連れ去る冬の風

  冬されや就職戦線氷河期に

  麦の芽の青さ目に染む夜半の雨

  ぽんぽんと駄法螺飛び交う薬喰い

                (月刊俳誌「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ