俳句91

■俳句                             富田 昌宏

───────────────────────────────────

   河鹿鳴くや盤に微笑む六地蔵

  渓流の石の素顔や河鹿鳴く

  竹皮を脱ぎ百幹の艶めける

  麦秋や筑波嶺の生む金の風

  梅雨寒や胸にひんやり聴診器

  父の日や“農”の一字にある重み

  父の日や父の遺せし農日記

  薄れゆく昭和の記憶や二重虹

  振り向けば昭和見えたり原爆忌

  早苗饗や土間に集いし日焼脛

               (「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ