俳句96

■俳句                             富田 昌宏

───────────────────────────────────
  学徒動員追憶の記や開戦日

  飢えし日も戦火も遠し開戦日

  冬空や火種のごとき鎮守の灯

  冬空や山は撫で肩怒り肩

  箒目は市松模様冬紅葉

  蔦語樹語さざめく森や寒夕焼

  凍滝や翡翠(ひすい)の彩(いろ)に鏤(ちりば)めて

  ロダン像思惟中断や舞ふ木の葉

  (陸前高田の松)枯死待つ一本松や冬うらゝ

  日向ぼこしつつ乗りたる口車

       (俳誌「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ