俳句98

■俳句                             富田 昌宏

───────────────────────────────────

   えし世を生きて傘寿や春の夢

  徴兵のなき日本や建国日

  「序の舞」の軸に盆梅据えにけり

  春田走る全身赤きトラクター

  起き上がる子牛の四肢や風光る

  風光る飛脚来そうな朱の鳥居

  伊豆へ行く船は丸窓風光る

  鍬の手を休め手庇風光る

  真後ろに山ある暮し春障子

  啓蟄や捻子(ねじ)のゆるみし掛け時計

(俳誌「渋柿」代表同人)

                                                    目次へ