入江さんの報告を読んで

■【オルタのこだま】                     

入江さんの報告を読んで           岩田 尚子

────────────────────────────────────
 オルタ40号の入江さんの文を読んで感じることは、日本でメデイアに発言力
を持つ女の有識者といわれる人は(入江さんの書かれたものとは)正反対の見解
をもっていらっしゃるのでは・・・・ということです。現在40代後半の私は、
戦時下においての日本軍の蛮行を学校で習わずに今日まできました。私個人とし
ては、作り話で“慰安婦問題”は語れないと思うのですが、友人の中には、「やっ
てもいないことで日本は責められ続ける」という者もいます。大学2年の次男の
世代の女の子のなかには「歴史なんて知らなくても生きていける」と堂々と口に
する者もいます。これから日本はどうなっていくのでしょうか。
 そんな不安を抱きながらも、私自身は最重度知的障害者である長男と共に「い
かに次男の負担にならないように・・・」を考え、思い悩むことのみで日々が過
ぎていきます。
                       (さいたま市 在住)
                                                    目次へ