学生シンポジューム

「学生交流が日中関係を変える」シンポジウム

───────────────────────────────────
私たち下羽ゼミナールでは、来る2月23日(土)、東京国際大学第一キャ
ンパスにて、東京大学京論壇との共同シンポジウムを開催する運びとなりま
した。お忙しい中誠に恐縮ではございますが、当シンポジウムへ足を運んで頂
きたく、下記の通りご案内させていただきます。

私たちは「北東アジアの平和構築」という目標の下、昨年より日中学生交流
を行ってきました。二回の交流を経て様々な課題や目標が見えてきました。そ
して、学生間交流の更なる発展のために、今回異なった視点で日中学生交流を
行っている東京大学京論壇と学生交流にどのような可能性があるのか、どのよ
うな交流が必要なのかを考えるシンポジウムにしたいと思っています。

学生交流は学生一人ひとりが、五感を通して問題と向き合う機会であると
共に、自分自身の中にある偏見や価値観と向き合い、自分の学び方や若者の生
き方について考えていく貴重な機会でもあります。国際化が進む中、このシン
ポジウムを通して、東アジアを変えうる具体的な可能性を描き出せれれば、と
考えております。 皆様方のご来場心よりお待ちしております。              

                記
■テーマ   第一回「学生交流が日中関係を変える」
         ―東京国大学下羽ゼミナール
・東京大学京論壇合同シンポジウム―               
■日時    2008年02月23日(土)
          13:00~17:00 (会場12:30)
■場所    東京国際大学第1キャンパス 619教室
■協力団体   日中学生会議
         日中交流団体 『Free Bard』
■後援     国際交流基金日中交流センター
         川越市教育委員会
■お問合せ先  下羽ゼミナールシンポジウム広報 川島亮一
            Tel 090-5425-1366
E-Mail kouhoushinpo@yahoo.ne.jp

                                                    目次へ