川柳137

【川柳】  

横 風 人


  誰れ守り 戦乱に拓く 未必の故意

  子の誠 人権の礎 軽き我が世

  公約は 3つ4つの 貧相さ

  軍人は 自ら終戦できぬ 群

  世がつくる 因果不明の 乱殺傷

  低投票 実利とおまかせ 均衡し

  アメリカの 不安は辺野古より AIIB

  アベ賛意 アメリカ議会の おもてなし

  箱根山 むかしの道は 安全らしい

  豊かさ演じ 昭和の役者 日々を逝く


最新号トップ掲載号トップ直前のページへ戻るページのトップバックナンバー執筆者一覧