第104号(2012.8.20)

メールマガジン「オルタ」 104号(2012.10.20)   ================================================================         
◎強い民意を緩やかな脱原発デモで政治に伝えよう。
================================================================

ドイツ社会民主党(SPD)と脱原発政策    前島 厳


■協同の力で漁業と地域を復興させる 
 ―宮古市・重茂(おもえ)漁協の実践に学ぶ― 丸山 茂樹

 


≪連載≫■海外論調短評(59)

氷が溶けてゆく北極 ― メリットよりはるかに大きなリスク初岡 昌一郎

≪連載≫■農業は死の床か再生のときか

破滅に瀕する茨城有機農業                濱田 幸生

≪連載≫■宗教・民族から見た同時代世界

東南アジアの無国籍少数民族ロヒンギャの悲劇       荒木 重雄

≪連載≫■落穂拾記(13)

鴎外 通俗ばなし <上>               羽原 清雅

  


■【横丁茶話】

大江健三郎の演説と「春さきの風」           西村 徹


■【北から南から】
中国・深セン便り

お土産の渡し方                    佐藤 美和子

英国・コッツウオルズ便り

『英国の子育て・教育』(8)「真の学力とは」(その3) 小野 まり  

中国・上海便り

超短期帰国は格安航空券で               田村 行人 


■【米国大統領選挙報告】

脱原発か 核のルネッサンスか     武田 尚子


俳句                    富田 昌宏


川柳                    横 風 人


【編集後記】

直前のページへ戻る