第2号(2004.2.20)

メールマガジン「オルタ」第2号(2004.4.20)          
======================================================================
◎一人の市民が自らの責任で行動を起こしたとき何がおきたのか。主婦の力で 25万世帯の生協をつくりあげ、地方議会に153人(03年4月)の議員を送り出した 運動の原点ををたどり、社会改革との接点をさぐる。 ======================================================================

「行動する市民と社会」 岩根邦雄

■視点 「03年総選挙総括について」 仲井富

■投稿 「三笠宮発言の後日談」   今井正敏

■今月のことば 「河上丈太郎演説」

市民参加シンクタンク紹介

■歴史資料
社会運動と政党(岩根邦雄) ◆「産業社会の転機と社会運動」
代理人(生活者ネットワーク)運動の現状(データ)

刊行物紹介 「愚かな国のしたたかな市民」横田克己

俳句

メールマガジン創刊の挨拶

メールマガジン「オルタ」のご案内

編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
直前のページへ戻る