編集後記12

■編集後記

────────────────────────────────────

  ☆いまや、ますます拡がる先進国と発展途上国との経済格差・深刻になる

   途上国内の貧困問題・国境を越える環境破壊など地球規模で起きてくる

   さまざまな課題に対して、国際機関や政府などの公的組織だけで対応し

   きれなくなっている。

   この役割で期待されているのが民間の非営利・非政府組織(NPO・N

   GO)である。

   日本国内でも辻本議員らの努力によってNPO法が成立して以来、にわ

   かに非営利法人の設立は活発化し、震災救援活動などでの活躍も目覚し

   く国民からも次第にその活躍を注目されてきている。今号では私の古く

   からの知人篠原氏にNGO、下山氏にNPO(生協)の体験と夢を語っ

   て貰った。

   日本の将来を担う優秀な若者たちがNPO・NGOについて認識を深め

   、その専従活動家・経営担当者への途に一人でも多く参加して貰いたい

   ものである。

  ☆11号の河上インタビューについて皆川氏から高い評価をいただいたが、

   他にもまだ詳しくお伝えできないが先生の歴史観に共感する動きが拡が

   っている。

  ☆中野氏の鋭い異色の社会観察記「巷間見聞録」(上下)についても今井

   氏から続編期待の投書をいただいた。いずれ御要望に応えて頂くことに

   したい。

  ☆今月は新しいジャンルとして加藤弘道氏の「梅窓先生訪問記」を載せた

   が読者からの感想を頂きたいものである。

                               加藤宣幸