編集後記13

■編集後記

─────────────────────────────────

◎ 旧友の執筆・知己の励ましを頂き、曲りなりにも毎月20日の発信日を守 り、1年が経って読者も少しずつ増えました。皆様のお力添えに感謝します。 なかでも、『オルタ』のホームページに毎号貴重な写真と解説を戴いている 写真家 田島 正氏にはあらためて御礼を申し上げたい。

◎ 11号からは創刊の趣旨といささかの実績を評価して、消費者運動が育てた 『ハイム化粧品』がPRを載せてくれることになったのも嬉しい。

◎ 今月号は創刊2年目のスタートに相応しく、かって長洲神奈川県知事の革 新県政を副知事として支えた久保さん、工学博士で鉄の権威東北大名誉教 授徳田先生、アジアを駆け巡るジヤーナリスト松田健氏などの玉稿を頂いた。

◎ 今回盟友冨田氏が紹介した二宮尊徳論のインボーデン氏について私たちの 世代は、彼が当時の学生から激しいブーイングの的であったことを鮮明に記 憶している。60年後の現在、かつてGHQが推し進めた日本の民主主義・憲 法が米国の世界戦略によって破壊されつつあるのは、いかにも皮肉である。

                          加藤宣幸