編集後記14

■編集後記

──────────────────────────
◎韓国で起きている事態について石郷岡さんに寄稿をお願いしているうちに中国での反日デモが始まってしまった。そこで編集部としては初めての試みだが石郷岡論文に関連し、若干の読者に電話ならぬメールによる緊急アンケートを実施した。

 締め切りまでに数日しかなかったが5人の方からお答えと御意見をいただくことができた。これからもテーマなど工夫して実施し、名実ともに読者の手による「オルタ」の発信を目指したい。

◎デモによる器物破壊は論外だが、主因の一つが小泉流の詭弁は日本の国会や国民を目くらませても国際的には通用せず、靖国・教科書問題などでは隣人の痛みを顧慮しないで不誠実な対応を繰り返し「政冷経熱」を放置した帰結であるのは間違いない。

◎メールアンケート「日中韓問題緊急特集」のため予定していた平凡社会長下中直也氏による「父・下中弥三郎とアジア主義」(仮題)インタビューなどは次号以降になった。御了承いただきたい。    

◎帝京大学羽原教授から日中問題について書きたいが数日まえに中国から帰国したばかりで時間がない。次号ならばというメールを頂いた。期待したい。                    (加藤宣幸)