老農夫のつぶやき)(4)

◇「老農夫のつぶやき」(4)             栃木  富田 昌宏

大岡信先生「折々のうた」で手書きを推奨

───────────────────────────────────

『オルタ』の4月号が出た翌々日4月22日の朝日新聞朝刊の一面に、大岡信先

生の次の一文が発表された。短い文章なので全文を引用してみる。

《手書き文字の一字だに無き手紙を寄せ

    返事待つとぞ未知なる人が
                  辻下 淑子

 『神話』(平成17年)所収。あとがきによれば作者は昭和19年に新詩社の「冬

柏」に入会し、本格的に作歌を始めたという。今度の歌集で8冊目の、長い歌暦
を誇るベテラン歌人である。この歌は、手書きの文字が一字もないワープロだけ
の手紙をよこして、返事を待つと言ってきた未知の相手の無礼を怒っている。
 日本人の「礼儀」の激変ぶりを象徴的に語っている歌だろう。せめて自分の名
前くらいは手書きでありたい。》
 私は『オルタ』3月号で、ワープロ文字がまかり通っている世の中に、“蟷螂
の斧”よろしく手書きの好さを主張した。その私の真意が、200字少々のこの言
葉の中に余すところ
なく書かれている。手書きの主張は私だけでないことを知って、ホット胸をなで
おろしているところである。
 ワープロ文字でも真意は通じる。細かい心理描写も可能である。しかし、人肌
の温かみという点では、手書きに及ばない。大岡先生が言うように、自分の名前
くらいは手書きでありたい、という主張に私は賛成である。

                                                目次へ