臨時版発行の趣旨

■臨時版発行にあたって            オルタ編集部

『2005ノーベル平和賞に1000人の女性を』

     ――「野村かつ子さんのノミネート記念の集い」――
────────────────────────────────────
 2005年11月12日・東京・青山・ウイメンズプラザ・ホールでこの集いが開か
れました。
 メールマガジン「オルタ」はその主旨にたいし全面的に賛同し、報告特集を
「オルタ」23号臨時版として発行することに致しました。
 これは私達が敬愛する野村かつ子さんが95歳まで一貫して社会的弱者の側に
立ち誠実に戦い抜かれたのが評価されたことを記念するためだけではありませ
ん。スイスの女性グループが提唱し、全世界的規模で取り組まれたこの『200
5ノーベル平和賞に1000人の女性を』の運動が世界の婦人たちによるアイデイ
アに満ちた『生活の安全保障』を追及しようとするたしかな平和運動だからです。
 今回、野村さんとともに日本からノミネートされた5人の方々は、多くの困
難を乗り越え、それぞれ立派な活動を長い間取り組んでこられました。しかし、
その高い志に比べ社会的な広がりは必ずしも十分とは言えません。
 メールマガジン「オルタ」は、それらの運動を少しでも多くの方々にお知らせす
ることによって、その広がりをさらに広げるために臨時版がお役に立つことを目
指します。
                                              目次へ