貧困研究会第14回定例研究会

◎ 貧困研究会 第14回定例研究会

    ~日本の貧困対策にいま必要なこと~
───────────────────────────────────
 昨年10月、「貧困・困窮者支援チーム」は、政府・緊急雇用対策本部「緊急
支援アクションプラン」に基づき、「求職中の貧困・困窮者が再び『派遣村』を
必要とすることなく、安心して生活が送れるようにする」ことを目標に動き始め
ました。
  具体的な緊急支援策としては、11月30日のワンストップ・サービス・デイを
皮切りに、年末年始生活相談などが進められてきました。ワンストップ・サービ
スは、ハローワーク等の窓口に相談機能を集中させる初めての試みです。しかも、
本サービスには、生活保護や雇用保険だけではなく、「新しいセーフティネット」
と呼ばれる、就職安定資金融資、住宅手当、総合支援資金貸付、訓練・生活支援
給付、臨時特例つなぎ資金貸付、就職活動困難者支援事業、長期失業者支援事業
などの対策を備えています。
 
研究会では、「貧困・困窮者支援チーム」事務局長の湯浅誠さんをお呼びし
て、本チームの取組みの現状について報告していただくとともに、「日本の貧
困対策にいま必要なこと」を参加者とともに検討し、議論できればと思いま
す。


【日時】2010年2月27日(土)
午後2時~4時30分(午後1時30分受付開始)
【報告者】湯浅 誠さん(もやい事務局長、反貧困ネットワーク事務局長)
【報告内容】日本の貧困対策にいま必要なこと
~「貧困・困窮者支援チーム」の取組みの現状と課題~
【会場】日本大学経済学部 7号館13階会議室3
(JR水道橋駅から徒歩約2分)
【交通アクセス】
   http://www.eco.nihon-u.ac.jp/other/access/access.html

【参加費】 500円
    ※非会員の方も参加できます。事前の参加連絡は不要です。

                                                    目次へ