俳句115

俳句                   冨田 昌宏

◎ 藷(いも)さすや戦(いくさ)無き世を永(とこし)へに

◎ 早苗饗(さなぶり)といふ語は遥か独り酒

◎ 筑波嶺を丸洗ひして夕立去る

◎ 父の日や箱入りシヤツの少し派手

◎ 口論の真ん中に置く西瓜かな

◎ 石切りし音を交へて草刈機

◎ (男体山)湖(うみ)を背に登八千や山開き

◎ 満員のバスが吐き出す夏帽子

◎ 足裏を泉に侵し浄土かな

◎ 落蝉の遺言めきて鳴き終わる

    (月刊俳誌「渋柿」代表同人)

=====================================
====================================
最新号トップ掲載号トップ直前のページへ戻るページのトップ>バックナンバー執筆者一覧