俳句118

【俳句】  

                      富田 昌宏


  色変へぬ松総立ちや九条死守

  紅葉かつ散るや巴波川(うすよ)の遊覧船

  桐一葉神明宮の千木よぎる

  虫の夜や草木も音を揃へたる

  実紫男が耽る源氏物語(げんじ)かな

  秋晴や地下にマグマ秘めし山脈(やま)

  (烏山)防空壕跡今貯蔵庫や濁り酒

  大花野九尾の狐(きつね)もぐり住む

  鈴虫やリハビリ続く二本脚

  栃の実や栃木街道蔵の街

         (俳句結社「渋柿」代表同人)

====================================
====================================
最新号トップ掲載号トップ直前のページへ戻るページのトップバックナンバー執筆者一覧