俳句15

■俳句 富田 昌弘

───────────────────────────────────
   むき出しの梁の太さや夏座敷

   麦の穂を活けて世渡り忘れをり

   二の腕の血管太く更衣

   風鈴や銜へ損ねし風の芯

   草刈機ときに金切り声を挙ぐ

   老鴬の正調ききて雲厳寺

   手に取りて振れば呟く種袋

   田植機の落とす早苗や風生みつぐ