俳句35

■俳句                   富田 昌宏

────────────────────────────────────
   身に纏う虚飾は空し冬銀河

   秘するもの持ちて生きたし龍の玉

   熱燗や訥々語る栃木弁

   水鳥の会話に里の訛あり

   カーテンコールなき落日や冬山河

   蒼天のみしりと割れて冬の富士

   印鑑を拭きて荷を受く師走かな

   冬帽や保護色持たぬ人孤独
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━目次へ