俳句43

俳句  若竹の私語         富田 昌宏

───────────────────────────────────

 新茶汲むや校正終へしやすらぎに 

 汗拭きて話を元に戻しけり

 句読点持たぬ話や水中花

 山藤の羽衣と化す峡日和

 煩悩をひとつ消したる木下闇(大中寺吟行)

 夏草や傾むく馬頭観世音

 鶴首に似たる岬や緑立つ

 代掻きて地底に月をころがせり

 鐘の音に若竹の私語高ぶりく

 梅雨寒や秘仏の肩の薄埃
                                                    目次へ