俳句44

■俳句                   富田 昌宏

───────────────────────────────────

       過去未来農守る気力麦を刈る

   頷きしごと田植機の動き出す

   蚊を打ちて仏心揺らぎゐたりけり

   十菜や夕闇に切る白十字

   セピア色の写真に亡母の麦藁帽

   (太平山頂)水戸天狗籠りし岳や雪の峯

   炎天や鴉寄り来る休耕田

   たこ焼のくるりと返る祭笛

   無人駅の集札箱や葛青葉

   更けし夜を女竹すらりと皮を脱ぐ

                                                        目次へ