富田 昌弘10

■俳句;   

────────────────────────────
────────────────────────────
□ 富田 昌宏  
─────────────────────────────
足るも足る齢となりぬふかし藷
左右の脳空っぽにして日向ぼこ  
不満なし悔なし柚子湯溢れしむ  
委任状多き返信冴え返る  
落葉載せ太平洋を目指す川  
愚痴一つ二つこぼしておでん酒  
激論に割って入りたり温め酒  
酒倉の大蜂の巣や小六月