編集後記11

■編集後記

──────────────────────────────

◎  自民党の中川昭一氏と安部晋三氏がNHKの番組の内容を変える

よう圧力をかけた疑惑が出ています。これが事実だとすれば、言論の自由に対する重大な侵害ですが、肝心のマスコミ自身がこの問題に関して及び腰のような気がします。とある民放のニュース番組に安部氏本人が出ていたときに、キャスターもコメンテーターも安部氏に対してしどろもどろで、全く追及になっていませんでした。怒りを通り越して、情けない気持ちになってきます。

(I.O)

新春の御慶びを申し上げます。

新年の『オルタ』スタートにあたって巻頭に河上民雄先生の「新春

随想」を頂けたのは嬉しい。先生は『1945年体験をあまりにも粗末に扱っていないだろうか』と強く指摘をされている。敗戦60年、日本の行く末を考えるとき、この原点を強く噛み締めたい。

この号に予定していたNGOのBHN篠原氏のインタービューは次号に

NGO・NPO特集として企画したので御了解を。

                 加藤宣幸