野村かつ子さんノミネート(日本から6人)される。

NEWS; 1000人の女性に「ノーベル平和賞」
野村かつ子さんノミネート(日本から6人)される。   

────────────────────────────────
  1000 Women for the Nobel Peace Prize 20052005年ノーベル平和賞候補者、女性1000人の発表

  米国、カリフォルニア・オークランド発、2005年6月29日――今年150ヶ国以上の国から、女性1000人が一同にあのノーベル平和賞にノミネートされました。2005年1月、オスロのノーベル平和賞委員会にその推薦書が正式に手渡されました。今日から、その1000人の女性の名前をホームページ上www.1000peacewomen.orgで見ることができます。世界中には、数えきれない女性達が平和と人間の尊厳の獲得ために活動しています。1000人という数は、その女性達を代表したシンボルの数なのです。

平和賞、女性1000人は誰?>>

ノミネートされた女性達は日々、困難な情況の下、平和と正義のために専心しています。彼女達は調停を呼びかけ、和平交渉をまとめます。村や町中で破壊されたものを再建し、貧困の問題と闘い、新しい財源をつくり出します。新鮮な水を得るため、汚染された土地を改善するため、その他の必要な資源を確保するために奔走します。HIV感染者のために活動します。戦災孤児に住いを提供します。人権侵害を弾劾し、どのような拷問も告発します。公共の場で無言の抗議を行い、どのような侵害にも解決を見出す女性達です。

活動拠点が、主にその村や地域である者もいれば、諸機関や大学である者も多くいます。又、地域の政治に関わっている者もいれば、国際的な場面で活躍している者もいます。ノミネートの基準は、持続可能で誠実な方法を用いていること、長期間の活動であること、調停において中立な立場であること、幅広いネットワークであること等です。

この1000人の女性達はそれぞれの分野で、エキスパートです。それぞれの活動拠点で人々を希望に導き、目的に向かって、切磋琢磨し続ける人達です。

彼女達の短い履歴はホームページ上www.1000peacewomen.orgで読むことができます。

日本、沖縄からの候補者

▽ 安藤 由紀  さん  

絵本作家。子供の虐待を防ぐ組織「グループCAP」のコーデイネーターも務める。

▽ 相馬 雪香  さん  

日本の非政府組織(NGO)の草分け的存在である           「難民を助ける会」の会長

▽ 高里 鈴代  さん  

沖縄の「基地・軍隊を許さない行動する女たちの 会」共同代表。昨年の那覇市長選に出馬したが落選。

▽ 野村 かつ子 さん  

日本の消費者運動の先駆者で生活協同組合の発展などに尽力

▽ 横井 久美子 さん  

ベトナム反戦運動や薬害患者の支援などで知られる社会派の歌手。

▽ 宋  神道  さん  

在日韓国人。従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪と損害賠償を求める訴訟を起こした。

          (ジュネーブ30日共同)

とんでもないアイディア? 果敢なプロジェクト!>>

このプロジェクトは、2003年に始まりました。平和のために尽力する女性達が、今こそ、公に認知されるべきであるという信念のもと開始しました。一つのアイディアがスイス国内で生まれ、世界中で支持される一つのプロジェクトとして発展していきました。これもたゆまない働きをする、世界の20ヶ所から集まったコーディネーター達とボランティア達のおかげです。彼らは候補に挙げられた女性達の情報確認と書類作成の責務を負い、連絡を可能にしました。スイスの外務大臣ミシュリン・カルミー・レイが支持し、ユニフェムと国連開発計画が支援し、スイス・ユネスコが後援しています。

今年1月、女性1000人がノーベル平和賞にノミネートされ、現在と未来の状況を改善しようとする彼女達の、日々の献身的な活動がここに承認されるに至りました。今日、その1000人の名前を発表します。

女性達のプロフィールの広報>>

今年末、広く世に知らせるため、1000人の感銘的な経歴が一冊の本となります。彼女達の活動、ビジョン、人生の出来事が紹介されています。これは世界の数百人のジャーナリストによって書かれました。この本は、NGO、救援組織、平和ネットワーク、ウーマンズ・ネットワークや公的機関のための参考文献としてわかりやく構成されています。

女性1000人の資料と写真を展示した巡回展が計画されています。世界中どこでも、この展覧は可能です。インターアクティブ・オンライン・プラットフォームの利用により誰もが女性1000人を中心とした交流に参加でき、彼女達の情報を容易に得ることができます。

さらに、研究機関で女性1000人の活動が研究され、その研究の成果は市民社会、国際的に活動する組織や政治活動にフィードバックし、平和を築く女性達が得た経験や知識のデーターの研究は一層進むことになります。

ノーベル委員会>>

ノルウェーのノーベル委員会はおそらく、2005年10月14日に今年のノーベル平和賞受賞者を発表するでしょう。今日の1000 Women for the Nobel Peace Prize 2005による女性1000名の公表は、女性達の活動を長期にわたって公に認知させることを目的としており、ノーベル委員会のどのような決定にも影響されるものではありません。

世界各地での記者会見>>

今日の女性1000名の発表記者会見は、フィージーからカリフォルニア、ドイツからブラジルまで行われています。

Dr.マルゴ・オカザワ・レイ韓国・日本担当コーディネーターWomen’s Leadership Institute 理事Mills College 客員教授、女性学Oakland, CA 94613 USAPhone +1 415 637 4263E-Mail mokazawa@mills.edu

詳細と報道記事は http://www.1000peacewomen.org.

プロジェクト概略>>今年、150カ国から女性1000人が一同にノーベル平和賞にノミネートされました。1000人の女性達の戦略、紛争解決のための処置、交渉方法、それらは、各領域で様々な政治問題や社会問題に対処するために、世界の女性達が創出した、平和を築くためのいわば財産です。1000 Women for the Nobel Peace Prize 2005は、これらを公表します。そして、1000名の感銘的な経歴は、一冊の本としてまとめられ、広報されます。また、巡回展も今年末から始まります。インターアクティブ・オンライン・プラットフォームの利用により、誰もが女性1000人を中心とした交流に参加でき、彼女達の情報を容易に得ることができます。このプロジェクトは広く助成を募っています。

◇銀行口座: SWIFT Code: KBBE CH 22, IBAN Code: CH70 0079 0016 2524 2231.詳細: www.1000peacewomen.org