第123号(2014.3.20)

─────────────────────────────────

メールマガジン「オルタ」123号(2014.3.20)

─────────────────────────────────

◎ [戦争・国家・人間]:「オルタ」創刊10年。'
─────────────────────────────────

3年目の3月11日に思う                リヒテルズ直子             


尖閣諸島をめぐる国会答弁の変遷 ——1970年以前は尖閣の領有権を主張せず——                     苫米地 真理


都知事選の残した傷痕はあわ雪のように消える(?)   三上 治


生活困窮者支援15年の歳月から見えるもの        石上 恵子


≪連載≫海外論潮短評(78)

ソチ・オリンピックプーチンとその統治下ロシアにみる光と影—       初岡 昌一郎


≪連載≫宗教・民族から見た同時代世界    

テロに脅かされていたソチ五輪              荒木 重雄


≪連載≫落穂拾記(31)

乱れることば                     羽原 清雅  


≪連載≫中国単信(7)  

日本の「おもてなし」再考               趙 慶春


≪連載≫風と人のカルテ(2)  

TPP 急激な変化は根本を崩す            色平 哲郎


≪連載≫日中間の不理解に挑む(2)  

思考力を奪う方法                   李 やんやん


【特別連載】

TPPが破壊する日本の食(4)
遺伝子組み換え作物をめぐる企業と市民との戦い  白井 和宏


【横丁茶話】

藤田若男の「先任権確立」について           西村 徹


【アメリカの話題】

ジェンダーの平等を目指して(5)            武田 尚子   


【北から南から】
中国・深セン便り

『香港的北海道旅遊団(前編)』           佐藤 美和子


【エッセー】

ジェンダー、今女性の役割の再構築を目指してできること(5)高沢 英子   


【書評】

『忘却のしかた、記憶のしかた』  

ジョン・W.ダワー/著 外岡秀俊/訳 岩波書店       白井 聡


【書評】

『転換期の日本へ—「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か』  

ジョン・W・ダワー、ガバン・マコーマック/著 明田川融、吉永ふさ子/訳 NHK出版                          岡田 一郎


【本の紹介】

『ジャパン・イズ・バック—安倍政権にみる近代日本「立場主義」の矛盾』 安冨歩/著 明石書店/刊          浜谷 惇


【自由へのひろば】

安倍首相の靖国参拝は憲法違反             篠原 令


【自由へのひろば】

都知事選挙結果と1本化論の敗北バラバラ論批判      仲井 富


【マスコミ昨日今日】(4)

2014年2月〜3月                    大和田 三郎


【オルタのこだま】

122号を読んで〜ハンナ・アーレントと「悪の凡庸さ」    武田 尚子


【オルタのこだま】

オルタ122号を読んで                 豊間根 龍児


【俳句】                      富田 昌宏


【川柳】                      横 風 人


【編集後記】                    加藤 宣幸